包茎に悩む男性

男の子の中には、心密かに 包茎に悩まされ続けている人がいます

男の子の中には、心密かに包茎に悩まされ続けている人がいます。恥ずかしさもあり誰にも相談できず、時には、それが男の子にとって重大な後ろめたい気持ちとして心労の原因になっていることもあります。そんな時は、気持ちを奮い起こして、包茎治療を受けて見ませんか。治療することで、これまで悩まされてきた引け目から気分が和らぐかもしれません。己に誇りを保持するためにも、一回、包茎治療を遂行することを推し進めます。大学生のうちに包茎手術を決断しました。あんまり気にする必要性もないかもしれませんが、さすがに心配になってしまいやるなら比較的暇な今のうちに行おうと決断しました

最初先生に見せないといけないのが恥じらいがありましたが、見せざるをえないですよね。昼過ぎにはすぐ手術する事になってちょっとぶらぶらして午後一に病院に戻りました。皮膚に塗るタイプの麻酔後に注射で麻酔したので痛みもほとんどなく手術が終了しました。3週間程度セックス等避けた方がいいそうで、少しの間禁欲して過ごしてました。その後は普通に生活でき、自信がもてるようになり、手術して良かったと思います。日本人の多くの成人男性は包茎のようです。

海外では生まれてすぐに手術をする事が多いようです。宗教上の理由があるように、どちらかといえば習慣です。この頃では余程虐待ではないかと言われて考え直す人も多いようです。ただほとんどメリットがないとはいえず、病気にかかりにくいという報告もあるようで、発展途上国でHIVなどの病気が多い国では包茎手術をする事を奨励しています。他に綺麗に保てるの利点があります。